【30代からの頭皮ケア】美髪のためにお風呂でできるケア4つ

posted in: 日常 | 0

本日は自宅でできる頭皮ケアのご紹介。

あなたは普段、定期的な頭皮のケアはされていますか?

例えば月に一度、ヘアサロンでお手入れをしても

一年でたったの12回。

残りの353日はご自宅などでのケアです。ということは、ホームケアは今の状態に大きく影響するということ。

40代50代には頭皮ケアが大切なのは分かっているけれど、本格的なヘッドスパに行く機会がない…

という人は、まずは毎日のお風呂に頭皮に良い習慣を取り入れてみてみるのもアリです。

例えば、クレンジングを取り入れたり、頭皮に良いシャワーヘッドに替えることで、頭皮の汚れは随分落ちます。美しい髪、健やかな頭皮を育てるために、今できることから始めてみましょう。

1.シャンプー前のクレンジングで汚れも気分もスッキリ!

どんなに丁寧に行ってもシャンプーだけで頭皮に詰まった汚れは取れません。

毛穴詰まりは髪やせに直結。毛穴の過酸化脂質をオフする頭皮クレンジングを週1回の習慣にしましょう。

シャンプーブラシも使うと◎。

2.シャワーヘッドは残留塩素除去タイプを選んで

日本の水道水は消毒の基準が厳しく塩素濃度が高いため、常在菌の殺菌やタンパク質が分解され育毛成分の吸収も阻害してしまいます。

シャワーヘッドは第一に塩素除去機能を。

プラスしてクレンジング効果の高いファインバブルなども有効。

3.シャンプーは2度洗いが鉄則

1度目のシャンプーはスタイリング剤や汗やほこりを流すもの。

泡立てたシャンプーを頭皮全体に押し付けて流します。

2度目のシャンプーで頭皮マッサージを。お湯は37°C~39°Cで。それ以上の高温は頭皮のかゆみ、髪の乾燥を促します。

4.湯船にしっかり浸かって体を温めて

頭皮ケアのためには入浴は必須です。

38°C~40°Cのややぬるめのお湯に20分以上ゆっくり浸かるのがオススメ。血流を良くすることで毛穴を広げ、副交感神経を活性化し、頭皮を柔らかくする効果があります。

30代、40代、50代には頭皮ケアが大切なのは分かっているけれど、できていない、、、

まずは毎日のお風呂に頭皮にこれら4つの良い習慣を取り入れてみてみるのもアリです。

美しい髪、健やかな頭皮を育てるために、今できることから始めてみましょう。