ハサミのハナシ

posted in: 日常 | 0

お客様の髪をカットしてるとたまに聞かれます。ハサミのハナシ。

 

 

「そのハサミっていくらぐらいするんですか?」

「何本ぐらい持ってるんですか?」

「自分で研いだりしてるんですか?」などなど。。

 

ハサミが無くては仕事になりません。いやできません。。いや、もしかするとできるのかも。。。

そんなお話。

 

 

 

切るときの感触

はじめに言っておきますが、僕はハサミにこだわりはありません(笑)

現在、ハサミは全部で6丁。一番高いもので、1丁15万円。平均が7、8万ほどです。

 

ハサミは自分で研ぐと使い物にならないので、専門家にお願いしております、僕はね笑

未だに薄〜い革や研ぎ石で「シャッシャ!」とやってるイメージがあるみたいですが、大半の理容師・美容師さんは専門家に出していることが多いですね。

 

 

僕は男性の方を担当することが多いので、以前はもっと多かったです。

女性に比べ、男性のヘアスタイルは短く、刈り上げなどの技術や、毛量や質感を調整する工程が多い為、用途別に自ずと増えてきます。これでも随分減った方ですね。なので、駆け出しの頃はほぼ道具代でお給料が消えてました。。

 

 

そんな僕でも一つだけ、ハサミ選びで絶対譲れないポイントがあります。

 

 

 

それは髪を切るときの感触

柔らかい感じ。とでも言いますか、、「バツっ!」とではなく「スッ」と切れる滑かな切れ方。

 

スキバサミも同様、引っかかりがなく、「スー」と刃から髪が抜け落ちていくような感触。言葉ではうまく表現しづらいんですがそんなところです。もちろん用途にもよりますけどね。

 

 

 

カットが痛い

なぜ、感触にこだわるか?

昔、僕が東京での修行時代。後輩のカット練習のモデルになっていたときのことです。

彼が使用していたハサミは、あまりに切れ味の悪く、切るたび髪に刃が引っかかり痛いのなんの。

 

 

「そのハサミいつ研いだの?」

 

「えっ!?買ってから研いでないっす!」

 

「買ってからどれぐらい?」

 

「2年ぐらいです!まだ切れるんで!!」

 

「えー、即入院!代わりに俺の貸してあげるから!そのハサミめっちゃ痛い」

 

「マジっすか!すいません。でも借りていいんですか?」

 

「いいよー。それもう使わないから」

 

「ありがとうございます!」

 

 

 

いろいろ試しましたが、経験上そんな結論に至りました。

つまり、ハサミは対象者にとってストレスフリーなのが一番重要だと感じたわけです。痛かったですが、いい経験でした。

 

なので素材、メーカー、色、デザイン、持った感触、値段。その辺りはあまり気にしません。

結局このハサミも、この後輩くんにあげました。何かの商品でいただいたもので、一度、試し切りして感触が合わなかったもの。

こういうものは、陽の当たる場所で活かしたほうがいいですからねー。

 

 

 

実は切れ味の悪いハサミで切ると痛いだけではなく「枝毛」や「ダメージ」の原因になります。そしてそれが原因で髪がまとまりにくく、扱いにくい髪型になるのです。

それは髪を切った断面が「荒く」なる為。

 

 

 

例えば、市販の木工用のハサミで切るのと、理美容師専用のハサミで切るのとでは、明らかに違います。

それは、素材や形状もですが、使用目的が違う。

 

 

ただ切れればいいのか?切ることでステキな未来を創るのか?

ちょっと大げさですけど、そういうこと。それはハサミを入れる前から決まっているのです。

 

 

でもね面白いもので、唯一のこだわりを抑えていくと、結果的には似たような素材や同じメーカーに偏ってきて

値段なんかもそれなりにしてくるのだから、こだわりません!とか言いながらこだわってんじゃん!!となってしまってます笑

 

 

 

 

ハサミの数だけこだわりがある

ハサミってその人の性格が出ます。これは理容師・美容師問わず、仕事で道具を主とする職業全ての人に言えますよね。

 

 

野球選手のイチローは、自分の道具には誰も触れさせないのは有名な話。

これ結構、僕たちの業界でもあるある話です。職人気質の方が多いので一様にこだわりがありますからね。ま、商売道具ですから。

僕も触れられたくありません。。嫌いになりますw

 

 

 

自分にとってハサミとは、ストレスフリーの骨頂。そんな相棒です。

結局、僕たちの仕事は相手がいないと成り立ちませんからね。

 

 

 

職人の数だけこだわりがある。面白いですよ。

あなたも担当の方に一度、ハサミのハナシを聞いてみてはいかがですか?

 

 

 

 

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

bo-no

----------------------------------

kotonoha (コトノハ) <予約制>

岡山県岡山市北区野田3-22-17

専用駐車場 当店入口前 2台駐車可 ①・②番

086-244-3757

※お客様の好きな時間にご予約ができる24時間ネット予約システムをおすすめしております。

ネット予約はこちら

当店の場所

~ヘアスタイルやお店の情報配信中

コトノハ フェイスブック

コトノハ インスタグラム

【kotonoha LINE】


追加はこちら →コトノハ LINE

ID→ @kwn4470g

LINEからのご予約は365日・24時間受付。

◆追加してメッセージ頂くとやり取り可能です。

お名前・ご希望の日時・メニューをお知らせください。

担当のご希望がございましたら合わせてお願い致します。追ってご連絡させて頂きます。

LINE会員様限定特典配信中。

無料カウンセリング・その他 お問い合わせもこちら